歯になくなってどうして優先に選んで歯を栽培します

  歯を栽培して国際上に思われているのは歯の遺失の第一選択の修復の手段で、歯の遺失者の理想的な選択です。もしあなたは疾病あるいは意外な思い(事故)のため歯を失うならば、そんなに各種の修復の方法の中で、歯を栽培するのは最も良くて、最も天然の歯の選択で接近するのです。


  1.隣の歯を傷つけません:磁器をあぶる橋は歯の遺失の伝統の修復の方法で、しかし歯に欠けるのが両側の健康な歯につきあってつぶさなければなりません小さくて、非常に惜しいです;歯を栽培するのが歯の所の歯の溝の骨に欠ける内に入って体を栽培することを植えるので、だから基礎が遺失の歯を修復するので、隣の歯に関連しないで、更に隣の歯を傷つけることはでき(ありえ)ません。


  2.しっかりと堅固です:体(つまり人工の歯の根部)と歯の溝の骨を栽培して骨を通じて(通って)接続を結び付けていっしょにいて、非常に堅固で、人の天然の歯の根部に劣らないで、本当の歯のように患者の口腔の中で根を下ろすことができます。


  3.原理は更に科学的です:天然の歯は口腔内のが圧力を咀嚼することを歯の根部を通じて(通って)歯の溝の骨まで(へ)順次伝えて、歯を栽培して圧力を咀嚼して人工の歯の根部(体を栽培します)を通じて(通って)歯の溝の骨まで(へ)順次伝えて、生物の力学の原理は同じで、だから強大な力に耐えることができて、効率の伝統の入れ歯を咀嚼して比較的に大幅に向上させることがいます。伝統の磁器をあぶる橋は強く体を通じて(通って)貼って歯の隙間の両側に欠けて小さい天然の歯をつぶされます上に固定するので、そして天然の歯を利用して支えて順次伝えて圧力を咀嚼することを行って、天然の歯の負担を強めてしかもそれが年限を使うことに影響します。


  4.精巧で心地良いです:体積は小さくて、ka環などの構造を頼むと基がなくて、口腔内は思う異物がなくて、口腔衛生を維持することに利益があって、感じは心地良くて、あなたに入れ歯の存在を忘れてしまわせます。


  5.適応症は更に広いです:そろった口すべて歯あるいは減らず口をたたく区の後部の全ての遺失の情況がない下で、以前活動の入れ歯を詰めることしかできなくて、しかし活動の入れ歯が美しくて、心地良くて、に機能の、を咀嚼するのが清潔な能力などの各方面から皆全てが意に添うわけではなくて、人工の歯の根部の植えることを通じて(通って)入ってこれらの患者に獲得して入れ歯の修復に固定することができます。


  6.歯の溝の骨の吸収を防止することに役立ちます。

Copyright © 1999-2013 KOWA Dental,All Rights Reserved, KOWA.